クレンジングの基礎

女性なら毎日のルーティンのひとつでもあるのが、クレンジングですよね。
クレンジングは美肌を目指すうえでとても大切なスキンケアだということはご存じでしょうか?いっけんクレンジングよりも洗顔が重要と思われがちですが、実は間違ったクレンジング方法では肌に負担をかけてしまう可能性があります。そこでクレンジングの基礎について詳しくご紹介させていただきます。

そもそもクレンジングとは…

お化粧品や日焼け止めなどの油分を落とすものと一般的には思われがちですが、実は一番の役割は『毛穴に詰まった汚れを浮かす』という、美肌への一歩にはもっとも大事な工程がクレンジングであるということを知っていますか?
お化粧品などの油溶性汚れを落とす働きがあるのはもちろんですが、ではお化粧をしていなければクレンジングをする必要はないのでしょうか…。
そんなことはありません!!
クレンジングをすることによって、お化粧品によって毛穴に入り込んでしまった脂汚れだけではなく、日常生活でつくほこりをはじめさまざまな汚れを浮かすことができるのは、洗顔ではなくクレンジングなのです。洗顔はその浮かした汚れを包み込んで洗い落とすものであって、汚れを浮かす働きはもっていません。そのため薄いメイクをした日でも、日焼け止めだけをぬった日でも、お化粧をせずに過ごした日でも、クレンジングでその日の汚れを浮かせることは毎日において必須なのです。とくにファンデーションや日焼け止めは顔にしっかりと塗り込むので汚れも毛穴にしっかりと埋め込まれています。その汚れを浮かす働きがクレンジングを役目であるため、クレンジングは美肌には欠かせないのです。

クレンジング剤を使って汚れを浮かせてからお肌のケアをしていくので、スキンケアの第一歩であるクレンジングの大切な工程をお伝えします。

最初のポイントは…

顔周りの髪の毛をしっかり束ね、手をキレイに洗いましょう。

そして次に一番大切なポイント…

クレンジング剤をたっぷり使用することです。
クレンジング剤を少量しか使わないと肌をこすり、ゴシゴシ洗ってしまい摩擦をおこし肌にもっとも負担を与え、乾燥やシミといった肌トラブルを起こす要因になります。
また汚れを落としたいあまりに、力強くこすってしまいがちですが、力を入れてこすることは必ずやめましょう。
多すぎるくらいのたっぷりのクレンジング剤で優しく汚れを浮かせるつもりで円を描くようにくるくるなじませながら汚れを浮かせましょう。

そして最後のポイント…

すぐに洗い流すのではなく、湯船に浸かったり、カラダを先に洗うなどして、少しクレンジング剤をなじませてから洗い流してください。洗い流す際も、シャワーで洗い流すとお肌への刺激になってしまいますので、手のひらで優しくすすぐとなお効果的です。

クレンジングはさっと、洗顔をしっかりすればいいと思われがちですが、クレンジングがどれだけスキンケアにとって重要なことがお分かりいただけましたでしょうか?
万が一、メイクを落とさずに寝てしまった場合、肌の汚れを翌日に持ち越すことになります。それは当然、さまざまなトラブルの元となります。1日の終わりには必ずメイクや1日の汚れを落とし、キレイなお肌で眠ることができるようにするために、クレンジング剤は一役買っているのです。